/*アドセンス確認*/

onsonはどこの国のメーカーなのか・掃除機の評価は?

2021年2月19日

今回はアマゾンなどで見かけるONSONブランドについてちょっと調べてみました。

アマゾンで検索をしてみると掃除機の他にもイヤホンやトラベルピローなどを販売していて、販売商品は多岐に渡るようです。

AMAZONでのONSON製品一覧

参考:オンソンのイヤホンのレビューをされているサイトがありました。

どこの国のメーカーなの?

おそらく皆さんお気づきだろうとは思いますが、ONSONブランドは中国のメーカーさんのものです。

アマゾンでONSON専門店というお店のプロフィルを見つけました。運営責任者名が「ONSON JP」となっているのでおそらくこれで間違いないと思うのですが、住所を確認してみたところ・・・

住所:
LONGGANGQUPINGHUJIEDAO
HUANANFAZHANZHONGXIN2515HAO
SHENZHEN
GUANGDONG
000000
CN

https://www.amazon.co.jp/sp?_encoding=UTF8&asin=B07QR5ZZNS&isAmazonFulfilled=&isCBA=&marketplaceID=A1VC38T7YXB528&orderID=&seller=AOW6VNF1QFVL&tab=home&vasStoreID=

このような表記が見られました。

GUANGDONG=広東省

SHENZHEN=深セン市

LONGGANGというのはおそらく竜崗区だと思われます。

細かい住所はちょっと・・・解読できません。

深セン市は有数の工業地帯だそうですから、深センにある工場に依頼してONSONブランドの掃除機を製造しているのではないでしょうか。

他にもアマゾンで家電を販売している中国メーカーは多数ありますが、そうしたメーカーはだいたい工場にOEMを依頼して掃除機を販売していると思われます。

ONSONの掃除機は?

ONSONの掃除機はなぜか型番が表記されていないのですが現在販売されているのは2019年モデルのこちら。

基本スペックですが

  • 運転時間25~45分
  • 充電時間4時間
  • 真空度12000Pa

となっています。

ただし価格が高いのでおすすめはできません(2021年2月確認時29300円)。

DibeaのD18に似ている

サイクロン部分やヘッドなどの構造を見ると、以前に当サイトでレビューしたDibea D18に似ています。

参考:Dibea D18のサイクロン部

真空度が違うので(DibeaD18は9000Pa)モーター等の性能は違うでしょうが、同じ工場で作っているのかもしれません。

サイクロン部が似ているということはフィルターの汚れ方も似たような感じになるのではと予測しています。

この動画もDibea D18なのであくまでも参考なのですが、ONSONの12000Paの掃除機も似たようなお手入れになるのではないかと思います。

もちろん違う部分もあるよ

もちろん先ほども書いたように真空度が高いのでONSONの12000PaのほうがDibea D18よりも吸引力があることが予測できます。

真空度以外にも違う部分はあって、ヘッドのブラシはカーペット用とフロア用の2つが付属するなどの工夫が見られます。使い分けによる効果は何とも言いかねますが2つのブラシを試せるのは良いですね。

ただ、他の掃除機として何か突出して凄いところがあるかというと、個人的には特に見当たらないので無理して買うモデルでも無いのかなと思ってしまいます。

まあ価格が安いのとブラシが2つ付属する点を魅力に感じればありかも。

EV696

ダイソンV10に似せたデザインの掃除機は10999円とお手頃価格です。商品ページをよく読んでみると型番はEV696。

充電時間は5時間とやや長め。真空度は11000Paとそんなに高くありません。

運転時間はパワフルモードで20分、標準モードで30分となっています。

特別目に付く数値はありませんがONSONの掃除機で購入の候補に入れるとしたらこちらでしょう。


amazonのページなどを参考に記事を書いていますが、中国に詳しい方、間違いがあったら教えてください。お願いします!

スポンサーリンク

当サイトでレビューした掃除機一覧を見るにはここをクリック