ドイツ・フォアベルク社の掃除機「コーボルトVB100」が日本に乗り込んでくる!

2020年9月13日

ドイツの掃除機メーカーであるフォアベルク社が日本市場に掃除機を投入するようです。

フォアベルク社・・・我々日本人には聞き馴染みがありませんが、ドイツではトップメーカーとして君臨している会社のようです。

カーペットの製造で140年近くの歴史を持つ会社とのことで、カーペットの掃除にはノウハウがありそうです。

こちらはVB100のプロモーション動画。動画の内容はドイツ向けの物のようなので日本で発売される製品は日本向けに改良されているかもしれませんが、ある程度掃除機のイメージは掴めるのではないでしょうか。

日本の掃除機とくらべるとややごつい印象を受けますが、その分吸引力や静音性に期待がかかります。ごついので当たり前かもしれませんが自立ができるのは良いですね。ダストボックスは手元のあたりではなく、吸い込み口付近に配置されていますね。

スペックを見ると重さは本体は約2.1kgでヘッドは約1.2kg。うーん重そう(汗

運転モードはSoft・Med・MAX3つが用意され、Medで約30分の運転が可能だそうです。このあたりは標準的か。ブラシのモードも3つ用意されているようで、状況に応じて切り替えができるようです。

ブラシのお手入れはツールレスで行える模様。ブラシが左右で分かれているデザインは初めて見ました。このあたりは海外との違いを感じてしまいます。この構造がカーペットにやじゅうたんに強いのでしょうか。

集じん方式はサイクロン式ではなく紙パック式(布製のダストパックっぽい?)を採用していて、ドイツ技術検査協会による認証を受けたフィルターバッグシステムは99.99%のアレルゲン物質をキャッチできる性能を持っているようです。そのへんの安い掃除機とは違いますね。容量は0.8Lとスティックタイプのコードレス掃除機としては大きめの印象です。

付属品はブラシを出し入れできる2-in-1ノズルが付属。

価格がめっちゃ高い!?

販売価格ですがなんと136000円(税抜)!追加バッテリーが付属するモデルは148000円となっています。

ちょっと高すぎやしませんか!という感じです。ダイソンですら10万円以上の製品なんて数えるほどしかありません。いずれ価格が多少下がるにしてもかなり手を出しづらい製品です。よっぽど自身があるのでしょうか・・・

  • 運転時間は標準的
  • 付属のノズルは2-in-1ノズルのみ

といったところを考えると

  • アレルゲン物質をしっかりキャッチすることでの排気のクリーンさ
  • カーペットメーカーならではのカーペット掃除のノウハウ
  • 吸引力

あたりがセールスポイントになってくると予測しているのですが、ダイソンのように日本でのブランドイメージを作り上げることができるかどうか注目です。

VB100の製品仕様

消費電力(ヘッドEBB100を付けずに使用した場合)Soft 30W
Med 80W
MAX 230W
消費電力(ヘッドEBB100を付けた場合)Soft 80W
Med 130W
MAX 280W
騒音値カーペット78dB
フローリング79dB
フィルターバッグ容量0.8L
重量VB100本体 約2.1kg
ヘッド(パワーノズルEBB100) 約1.2kg
寸法(L×W×H)VB100本体 約100㎝×11㎝×11㎝
ヘッド(パワーノズルEBB100) 約25㎝×31㎝×7㎝
バッテリー充電時間 約3時間
充電サイクル 約520回(充電完了時に約80%を確保)

スポンサーリンク

当サイトでレビューした掃除機一覧を見るにはここをクリック