エレクトロラックスPure Q9 PQ92-3BWFを大量写真と長時間動画で詳細レビュー

2020年11月2日

エレクトロラックスから登場したPure Q9シリーズ。踊るように奏でるようにがコンセプトで見た目もおしゃれな掃除機ですが、今回はその実力を実機を使ってレビューしてみることにしました。

Pure Q9 PQ92のスペック

レビュー前にスペックを確認しておきます。付属品の少ないモデルもあるのでそれらを含めて記載しています。

PQ92-3BWFPQ92-3EMFPQ92-3OBF
運転時間低電力モード:約53分
通常モード:約25分
最大モード:約14分
低電力モード:約53分
通常モード:約25分
最大モード:約14分
低電力モード:約53分
通常モード:約25分
最大モード:約14分
充電時間約4時間約4時間約4時間
電池電圧リチウムイオン電池 25.2Vリチウムイオン電池 25.2Vリチウムイオン電池 25.2V
集じん容量0.3L0.3L0.3L
製品サイズ 高さ×幅×奥行mm1097 x 256 x 155 mm1097 x 256 x 155 mm1097 x 256 x 155 mm
重量2.9kg2.9kg2.9kg
カラーサテンホワイトマホガニーブロンズインディゴブルー
付属品ブラシロールクリーンフロアノズル
すき間ノズル
ブラシノズル
スーパーロングノズル
ソフトブラシノズル
UVヘッドノズル
ノズル収納袋
すき間ノズル
ブラシノズル
スーパーロングノズル
ノズル収納袋
すき間ノズル
ブラシノズル
ソフトブラシノズル
Pure Q9 3機種比較

低電力モードで約53分使用でき、運転時間はなかなか長いです。充電時間はまあこんなもんでしょうか。

重心は床よりで重さ2.9kgというのがどのぐらい使い勝手に影響するのか気になります。

3機種の基本性能は同じでカラーと付属品が違うようです。今回レビューするPQ92-3BWFはパワープロフロアノズルというメインのヘッドの他にブラシロールクリーンフロアノズルというヘッドが付属するなど一番付属品が豊富なモデルです。

PQ92-3BWF開封・内容物チェック

内容物一覧

内容物は本体(写真一番上のフレームみたいなの)、ハンドユニット(ハンドルにセットされている)、ブラシロールクリーンフロアノズル、パワープロフロアノズル、UVベッドノズル、すき間ノズル、ブラシノズル、ソフトブラシノズル、スーパーロングノズル、充電ステーション(2つのパーツに分離された状態)、ACアダプタ、付属品収納袋、説明書、保証書となっています。

ハンドユニット

ハンドユニット 左右

ハンドユニットは他のメーカーでは見られないような独自デザイン。同社の従来モデルからも一新されたデザインです。持った感じはやや重いかな。

ハンドユニット 上下

本体上部には電源ボタンとバッテリーランプがあります。

電源ボタンの機能はオンオフのみ。ハンディとして使う場合はモードの切り替えができず、自動的に最大モードになってしまいます。

バッテリーランプは3つですが

  • 75~100% 3つ点灯
  • 50~75% 2つ点灯
  • 25~50% 1つ点灯
  • 0~25% 点滅

と4段階の表示が可能。

ハンドユニット前後

前方から見るとLEDのようなものが3つ見えますが、これはヘッドのブラシを回転させるための接点でLEDではありません。

後方は排気フィルターが搭載されています。排気は上下左右に出るような構造になっていますが、使ってみると上下からはほとんど排気はありません。主に左右に排気が出るようになっています。

排気フィルターの取り外し

フィルターは道具無しで簡単に蓋を外せます。

フィルターを外したところ

説明書には2か月毎にお手入れするように書かれています。

水洗い可能ですが24時間乾燥が必要です。

ダストボックス

ダストボックス取り外し

ダストボックスはゴールド?のボタンを押しながら取り外します。

ダストボックスを外した状態。本体側にフィルターはありません。

ダストボックスはダストカップ部と多層フィルターに分離することができます。

ダストカップ前後
多層フィルター側面

多層フィルターは、まずメッシュ部分で大きめのゴミを分離し、さらに奥にあるスポンジフィルターで細かなゴミを受け止めるようになっています。

多層フィルター表裏

多層フィルターをパカっと開けると中からスポンジ状のフィルターが。

フィルターを取り外したところ

フィルターの反対側は布のような感じ。

パワープロフロアノズル

パワープロフロアノズルの表と裏

パワープロフロアノズルは柔らかくて短い毛を使ったローラーが採用されています。

前後

LEDライトも搭載されています。

前方の開口部が広く粒が大きめのゴミにも対応できそうです。大きめのゴミを吸うと吸い込み経路に詰まったり、ダストボックスがすぐにいっぱいになったりすることもあるので掃除機トータルの性能を考えると断言できない部分もありますが・・・

幅25.3cmぐらい

幅は約25㎝と広めに設計されています。

ローラーを取り外した状態

ローラーの取り外しはツールレスで簡単。

ローラーの毛は全体的に柔らかいのですが濃い青色の部分は柔らかく、水色の部分は硬めです。

ゴミを掻き出す性能はそれほどありませんが、ローラーなので髪の毛が絡みにくいです。柔らかいので床にも優しい。

内部の様子
可動範囲

ブラシロールクリーンフロアノズル

表と裏

硬めの回転ブラシを搭載しており、ゴミを掻き出す性能が高いです。

幅は25.5㎝

幅は約25.5㎝でこちらも幅広に設計されています。

前後

こちらもLEDを搭載。

ブラシロールクリーンペダル

このヘッドにはペダルが用意されています。これを踏むことでブラシが回転しつつ内部の金属プレートが飛び出してブラシに絡みついた髪の毛などを除去する仕組みのようです。この効果についてはこの記事下部のお手入れ動画にてレビューしいています。

金属のバー

ブラシの取り外しはまず金属のバーを外し・・・ヘッドのサイドにあるつまみを回転させてロックを外すことで行えます。

内部の様子。少しわかりにくいですが金属のプレートが見えます。このプレートは触らないよう説明書に注意書きがあります。

本体

本体の表と裏

本体というかスティックのフレーム部分というか。

ここにハンドユニットとヘッドをセットしてスティッククリーナーとして使います。

操作ボタンは電源ボタンとモード切り替えボタンの2つ。

モード切り替えボタンを押すことで低電力モード・通常モード・最大モードの切り替えができます。

スーパーロングノズル

3段階に伸縮可能のなノズルです。

ブラシの部分を取り外して普通のノズルとして使うこともできます。

ロングノズルという名前のとおり、かなり長く狭いすき間や高いところの掃除にも使えます。

ソフトブラシノズル

大きめで毛が柔らかめのノズル。キーボードとかの掃除によさそう。

すき間ノズルとブラシノズル

すき間ノズルとブラシノズルはそれぞれ単独でセットができますが、組み合わせて使うこともできます。

ハンドユニットの裏側にはノズルをセットできるスペースが設けられています。

ブラシノズルとすき間ノズルはセットできますが、すき間ノズルとブラシノズルを組み合わせた状態だと若干干渉する部分があります。

収納袋

ロゴ入りの袋

ロゴ入り宇の収納袋も付属します。

ノズルの紛失防止に。ヘッドもなんとか入ります。

UVベッドノズル

表と裏

UVベッドノズルはUVを照射する機能を備えており、丸いボタンを押すことでオンオフが可能です。

UVオンの状態

説明書によるとUVライトは対象物から4㎝以内でつくようになっているとのこと。

暗い色や柄付きの寝具の場合はUVライトが点かないことがあるようです。

20㎝弱

幅は20㎝弱。

可動域

ベッドに使うので可動域は広くありません。

ブラシはツールレスで取り外し可能。

充電ステーションとアダプタ

充電ステーション

充電ステーションは2つのパーツを組み合わせて使います。

裏側に充電アダプタのプラグをセット、アダプタのコードは背面に回して収納可能です。

アダプタ
充電の様子

ステーションにクリーナーをセットするとピーッ、ピーッという電子音とともにヘッドのLEDが2回光ります。充電状態はハンドユニットの3つのランプで確認します。

クリーナーを立てて充電できなかなかおしゃれですがスティック状態でないと充電ができません。掃除機を使わない時はしまっておきたいという人にはあんまり向かない仕様です。

ここまでのチェックを動画で

操作や各パーツの様子を動画にしてみました。静止画で分かりにくかった部分はこちらの動画でご確認ください。

各部の重さ

ハンドユニット・1455g
本体・707g
パワープロフロアノズル・761g
ブラシロールクリーンフロアノズル・614g
UVベッドノズル374g・すき間ノズル23g・ブラシノズル11g・ソフトブラシノズル65g・スーパーロングノズル(ブラシ無し)139g・スーパーロングノズルのブラシ部分11g

全体的に重さを感じます。床を掃除するには問題ありませんが、持ち上げて2階へ運ぶとか、高いところを掃除するということがあればちょっと億劫になるかもしれません。

組み立てて使ってみる

スティック状態にして持ってみました(当方身長170㎝弱)。長さはまあ悪くない感じ。

重心が床よりなので重さは感じます。持ち上げるときは「よっこいしょ」という感じ。

前方へ押し出したときの様子
自立可能

やや重さは感じますが、安定しているとも言え、自立させることができます。ちょっと掃除を中断したいときに楽です。

ちなみにハンドユニットに直接パワープロフロアノズル・ブラシロールクリーンフロアノズルを接続して使うことはできません。

取り回しチェック・騒音チェック

取り回しチェックの様子を動画にしてみました。形状から予測がつくと思いますが、棚下などは苦手です。

可動域はそんなに広くない感じ。

排気の出る方向は左右がかなり強く、上下はほとんど出ません。一見上下左右全ての方向に排気が出るように見えますが、排気が主に出てくる方向は限られています。

騒音は個人的感想ですが、掃除機としては大きくも無く、小さくも無くという感じ。最大モードにすれば吸引力がある分けっこうな音がします。

吸引力チェック

パワープロフロアノズルとブラシロールクリーンフロアノズルの2つで吸引力を試してみました。

ジョイントマットとフローリングでのチェック

ジョイントマットに重曹を撒いて吸わせてみた感じ、パワープロフロアノズルは壁際も何とかならなくも無いですが、やや弱さを感じます。ブラシロールクリーンフロアノズルは壁際の吸い込みがなかなか良好。

フローリングに糸くず、シュレッダーにかけた紙、小さく切った消しゴム、重曹を撒いて吸わせてみた感じは・・・

パワープロフロアノズルは紙くずはけっこう吸うものの消しゴムは意外と弾いてしまいました。粒が大きなゴミも吸えると思いましたが、そんなでもないかも。紙くずも吸い込み経路に詰まっていたりして、かさばるゴミはあんまり得意ではないようです。ローラーへの糸の絡みは無く、これは予想通り。

ブラシロールクリーンフロアノズルは消しゴムを押し出してしまうのでやはり粒の大きなゴミは苦手な感じ。

壁際に強い反面、糸くずは絡みやすいところがあります。ブラシロールクリーン機能を使ってみましたが、糸くずは取れず・・・完璧にお手入れとはいかないようです。

マットと畳マットでの吸引力チェック

マットに20gの重曹を撒いて吸わせてみたところ・・・

パワープロフロアノズル

  • 低電力モード 4g
  • 通常モード 11g
  • 最大モード 13g

ブラシロールクリーンフロアノズル

  • 低電力モード 12g
  • 通常モード 15g
  • 最大モード 20g

という結果になりました。アバウトな検証なので誤差はあると思いますが、パワープロフロアノズルはゴミの掻き出し性能はやや劣る印象です。

一方でブラシロールクリーンフロアノズルは最大モードで20gとゴミを掻き出す性能が非常いと感じさせました。吸わせたあとのマットを叩いたら重曹の粒が出てきたので、完璧に吸えるわけではありませんが、これまでレビューしてきたコードレス掃除機の中でトップクラスだと思います。

畳マットで使用する際はパワープロフロアノズルの場合は念入りにかければ大丈夫かなといった感じ。ブラシロールクリーンフロアノズルはここでも掻き出し性能の高さを感じますが、畳へのやさしさという面を考えるとパワープロフロアノズルかも。

ブラシロールクリーンフロアノズルの掻き出し性能が高いので、別のマットに糸くずや髪の毛を絡みつけて吸わせてみました。

こちらでも全ての糸と髪の毛を吸うことができましたが・・・全部ヘッド内部に絡まっており、お手入れの面ではやや苦労があるかもしれません。

UVベッドノズルはUVの効果は何とも言い難いですが、布団に使ってみたところ粉状のゴミは取れており、ハウスダスト吸引という面では十分活躍してくれると思います。

お手入れ

使用後にダストボックスなどの様子をチェックしてみました。

ダストボックス内は多層フィルターのメッシュ部分に糸や髪の毛がけっこう絡みます。あと気になるのはダストカップ内の黒いパーツ周辺に細かい粉が溜まるところですが、説明書を見てみると黒いパーツを取り外せるようなので取り外してお手入れするとまあまあキレイになりました。

スポンジフィルターは、予測はしていましたがやはり重曹がけっこう到達しています。まあ、分離性能はこんなもんでしょうか。

ダストカップ、フィルターともに水洗いができるの汚れがひどいときは水洗いしたほうがいいでしょう。

排気部分にあるフィルターは大きく汚れているところはありませんでした。

ブラシロールクリーンフロアノズルのお手入れ機能ですが、髪の毛を絡みつかせて再度試してみました。10秒程度では髪の毛が取れませんでしたが、30秒ぐらいで髪の毛が取れていました。ただし、この機能は30秒も使うと再度充電するまで使えなくなってしまいます。

再度、糸くずでも試したところ糸くずは取れませんでしたし、使用状況によって結果は変わるかもしれませんが、もう少し改良が欲しいところではあります。

パワープロフロアノズルの内部は重曹や小麦粉がけっこう残っていました。ブラシの特性なのか何なのか粉が溜まりやすい面があるようです。

集じん容量に関してはMAXラインまでプラダンを入れて確認してみたところ、180ml程度でした。カタログ値は0.3Lとなっていますが、実用的な範囲は0.18L~0.2L程度かもしれません。

Pure Q9 PQ92-3BWFのおすすめポイントマイナスポイント

おすすめポイント

  • 見た目がおしゃれでリビングにも置いておける
  • ブラシロールクリーンフロアノズルはゴミの掻き出し性能が高く壁際にも強い
  • 付属品が豊富・ヘッドが2つで使い分けができる

マイナスポイント

  • 重心が床よりで重さを感じる
  • ブラシロールクリーンフロアノズルのクリーン機能は30秒フルに近いぐらい使わないと髪の毛が取れない・糸くずは取れない
  • ハンドユニットもそこそこ重い

おしゃれな見た目とゴミ掻き出し性能が特徴

やはりひときわ目を引くおしゃれなデザインでリビングに置いておけるのがウリだと思います。吸引力もコードレスとしては高い部類であり、2つのヘッドを使い分ければ状況に応じた掃除もできます。まあヘッドを取り換えるのが面倒と感じる人もいるでしょうが。

一方でパワーを出すためなのか重さもけっこうあるので1階と2階で持ち運んで使ったり、高いところを掃除したりという用途なら他の掃除機を検討したほうがいいかもしれません。床をメインで掃除する人向けの掃除機です。

スポンサーリンク

当サイトでレビューした掃除機一覧を見るにはここをクリック