/*アドセンス確認*/

智意電器のEASINEブランドからM50が登場!EVOPOWERとの違いは?

I LIFEブランドで知名度のある智意電器ですが、この度サブブランドのEASINEブランドから初となるハンディクリーナーM50が発表されました。

吸引力の目安となる真空度は15000Pa。標準モードとパワフルモードの2つのモードを備え、最大約32分の運転が可能なほか、LEDライト内臓、充電ドッグ付属、USB Type-C充電に対応するなど見どころのあるクリーナーとなっています。

デザインはシャークのEVOPOWERシリーズに非常にそっくりでかなり意識しているものと思われます。そこでEVOPOWERシリーズとの比較も交えつつスペックを確認してみたいと思います。

M50・EVOPOWER WV400JRR・W35(WV280J)の比較・違いは?

EASINE E50EVOPOWER EX WV400JRREVOPOWER W35(WV280J)
外観
吸引力真空度
パワフル15000Pa
標準8000Pa
W35の2倍との触れ込み具体的な数値は不明
運転時間標準 約32分
パワフル 約15分
エコモード 約35分
標準モード 約20分
ブーストモード 約8分
約12分
(バッテリーを2個使って約24分)
充電時間Type-C充電コードで
約2~3時間
約3.5時間約2.5時間
本体サイズ(高さ×幅×奥行)443×78×73㎜390×62×69㎜419×53×61㎜
本体重量650g680g620g
その他LEDライト内臓
3段階のバッテリーゲージ
USB Type-Cコードで充電可能
3段階のバッテリーゲージ3段階のバッテリーゲージ
付属のノズル2in1ノズル
カーペット等に使えるノズル
隙間用ノズル
マルチノズル
隙間用ノズル
マルチノズル
布団用ノズル
価格(2021年6月時点)市場想定価格8750円約22000円約20000円
3機種・比較表

3機種のざっとした比較ですが、E50は運転時間も30分以上あり、充電もType-Cコードで2~3時間で済むということでシャークのEVOPOWER EX WV400JRRとも大きな性能差は無いように見えます。

必要性はそれ程ないかもしれませんがLEDライト内臓なのはシャークには見られない点です。

そして何より価格の面では大きな差があり10000円以上安く購入することができます。見た目がスタイリッシュで価格もお手頃なハンディを探している人からするとかなりうれしい商品といえるかもしれません。

シャークの場合は公式ストアで購入し、製品登録すると2年間保証を受けられるメリットがあるのに対して、E50は保証に関する記述が無い(たぶん1年だと思いますが)など、すべての面が優れているわけではありませんがコスパはかなりよさそうです。

フィルター部分の比較

↑E50のフィルター

W35のダストカップなど
W35のメッシュフィルター
W35のプリーツフィルター

フィルター部分も大きな差は無いように見えます。

中華メーカーとアメリカメーカーをどう考えるか

アメリカでシェアNO.1という掃除機メーカーであるシャークとI LIFEブランドがヒットしているとはいえ中国のメーカーという点をどう捉えるかが購入のポイントとなってきそうです。

「細かいことは気にしないから見た目もそこそこ良くてコスパの良いハンディクリーナーを」ということだったらE50でしょうし、細かい質感の良さ(E50を実際に見ていないので断言はできませんが、たぶんシャークの方がボディの質感や作りは良いんじゃないかと思います)や2年間の保証を求めるならシャークでしょうし。

どういったことを求めるかで選択肢は変わってきそうです。

スポンサーリンク

当サイトでレビューした掃除機一覧を見るにはここをクリック